2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« ロス=アンヘレス逝去 | トップページ | バン民 »

2005.01.30

三宅島支援コンサート

tirasi505土曜日の昼は、都響の三宅島支援コンサート(東京芸術劇場)に行ってきた。
チャリティコンサートということで、ロビーには三宅島の噴火前の写真パネルがずらっと展示してあったり、三宅島の火山灰で色付けしたというガラス器(美しい青色の色が付く)を即売していたり(大盛況だった)、いつもとはちょっと違う雰囲気。

第1部
 チェロ・アンサンブル
  クレンゲル/讃歌
  ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第5番(Sp山本真由美)
 金管アンサンブル
  J.S.バッハ/管弦楽組曲よりブーレ、アリア、バディネリ
  ワーグナー/歌劇『ローエングリン』より 第3幕第3場「行進曲」
第2部(オーケストラ)
 ビゼー/『アルルの女』第2組曲
 ラヴェル/ボレロ(以上 指揮:小泉和裕)

もともとフルネが出演ということでチケットを取ったんだけど、承知のごとくキャンセルとなり、代役に小泉さん。ちょっと(ちょっとどころでなく)がっかりしたけど、まあ仕方ない。フルネさん、大事をとって今日も静養しているそうだが、とりあえず普通のレベルまでは回復しているらしく、ホッとする。

演奏会はそれでも、第1部のアンサンブル演奏が非常に聴き応えがあり、予想外に楽しめた。都響の9人のチェリスト総出演によるクレンゲル『讃歌』が、たいへん美しく感動的な音楽で、Saxアンサンブルでやってみたくなった。10人編成の金管(Tp4+Hn2+Trb3+Tub)にオルガンも加わったワーグナーも、非常にそれらしく演奏も気合が入っていて、爽快な気分。

第2部。
小泉さんの指揮は、勿論フルネとは流儀が全然違うけれど、オーケストラの持てる力をストレートに解放させるという点でなかなか聴くべきものがあると思った。「ファランドール」の最後なんか、都響じゃないみたいにパワフルだったし。
結果的には結構満足して家路につく。
ちなみに、ボレロのS.Saxは大森さん、T.Sax(&ビゼーのA.Sax)は宗貞さん。黄金コンビだ。

今日は新着CDもあるんだけど、それはまた日を改めて、ということで。
さて、明日はなめ練。これからちょいと仕事しないと。

« ロス=アンヘレス逝去 | トップページ | バン民 »

コンサート(2005年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/2741440

この記事へのトラックバック一覧です: 三宅島支援コンサート:

« ロス=アンヘレス逝去 | トップページ | バン民 »