2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 益子にて | トップページ | フルネ降板~都響定期 »

2005.01.25

東関東大会の記憶

tirasi503夢のような週末を過ごして、社会復帰後まる2日。
旅行→本番、という特殊な時間の流れが、日常の時間の流れの中に融けて、解体していった。

22日。前泊地の益子は、陶芸で有名な栃木県の町。
アルトのTセンセの車にとめちゃん氏と同乗、Tセンセの中学の生徒4人を乗せた車(運転はそのうち1人のお母さん)とつるんで、常磐道を北上。
中学生たちは全員ジャージ姿。「ジャージ姿でどこでも居られるってのは中学生の特権だよね」「電車の中でモノが食える女子高生の特権みたいなもんだな」と、とめ氏と言い合う。
常磐道から北関東道へと入り、益子へ。ぜんぜん観光地化していない、静かな街だった。人もいないし道もすいている。田んぼや山の木々の間の地面には、うっすらと雪が残っていた。
宿(町内ではかなり大きな方と思われる温泉付きホテル)には4時頃着。ソプラノM山氏は遅れて来るので、早速借りていた宿の離れの会議室にて、中学生たちの練習&指導を開始。私もとめ氏もよく知っている曲なので、一緒になってあーだこーだ口を出す。(22日に携帯から投稿した写真はこの時のもの)
やがて、M山センセとその中学の生徒(こちらはフルート三重奏で出場)が到着。
夕食後は、フロートの練習、M山氏、Tセンセそれぞれの生徒たちの指導、と目まぐるしく時間が過ぎていった。

明けて23日。本番の会場の結城市は、益子からは車で1時間弱。県は茨城だが、栃木との県境に近い北関東の古都。
会場に着いてからは、自分たちの出番と、M山氏、Tセンセそれぞれの生徒たちの出番が入り乱れ、なんか知らんドタバタしているうちに終わってしまった。

我々の出来は、まあこんなもん、というか、予想通り(つうか、今までが出来すぎ)ってところ。
フロートという団体は、技量はそれなりにあるけど、各人の育ってきた環境も音色も音楽性もバラバラ、あまりにも個性が強い上にしかも練習をしないから(今回だって年が明けてから1回しか集まってない。あ、前日ホテルで合わせたから2回か(^^;)、東関東レベルでシビアにアンサンブルの精度を審査されるとなると、ちょいと厳しい。
まあ、我々は自分たちの実力も限界もよく分かっているから、人(審査員)が何を言おうと別に構わないんだけどね。
…時々、オレ達はいい歳して、たった5分の演奏のために何をこんなにムキになってるんだろう、と自問することがある。

今回嬉しかったのは、自分たちのことより、Tセンセの生徒たちが33分の2の激戦を制して全国大会へ進んだこと。
Tセンセ、自分のことよりも生徒たちの方が気になって仕方ないという風で、前日のホテルでも、フロートの合わせの方はそこそこに、音出し可の夜11時ぎりぎりまでほぼ時間いっぱい生徒たちの指導に精出していた。
ここに来る前も、午前中は学校で練習していた筈で、少しは休ませてあげれば良いのに、とこっちは心配にもなるのだが、子供というのは、朝9時から夜11時まで楽器吹きっぱなしでも「そういうもの」だと思ってしまえば別に苦ではないらしい。産業革命の時代の子供労働者みたいなもんか。

それにしても、またもや「デザンクロの1楽章」! 我々フロートが1999年の3月に、この時の東関東の29分の1の戦いをクリアして全国大会に出場した時も、やはりデザンクロの1だった。「デザンクロの1」伝説再び。
この曲はある意味、サクソフォン四重奏という演奏形態でしかあり得ない響きと音楽性、音楽の内容が必然的に要求する編成をアピールできる、希有な作品なのかもしれない、とも思う。

3月の所沢では、我々の分まで頑張ってくれることと思います。
自分たちの成し遂げたことの素晴らしさを自覚しつつ、驕らず真っ直ぐに成長していって欲しい、と願わずにはいられない。

« 益子にて | トップページ | フルネ降板~都響定期 »

いざ、本番」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。

>…時々、オレ達はいい歳して、たった5分の演奏のために何をこんなにムキになってるんだろう、と自問することがある。

本当に。…いえ、私は今、何もやってませんが。うらやましいです。

ご無沙汰しています。
東関東大会、お疲れ様でした~。
今年はフロートさんのアンコン、どうなってるのかなぁ~なんて思って見に来ました。
サーカスも、今年は東北大会の切符が転がり込んできまして(まさに転がり込んできたという状況)
まだ2004年が終わらないという感じです。
今回デザンクロ1楽章!なので、フロートさんの演奏も結構聴き込みました。
全国大会に行く中学生のD1、どんな演奏なのかな~……精度高そうだなぁ。

>ひよこの様
ありがとね。
そういう、たった一言が、嬉しいです。

>もに様
お久しぶりですぅ~。

あの録音ですね。ずれてたり音が無くなってたり、ワタシはどソロで1ヶ所失敗してたりとか、いろいろです。
でも最近、久々に聴いたら、「あ、結構上手いじゃん」と(やっと)思えるようになりました。
東北大会、ご健闘をお祈りします。
所沢まで行ったら応援に行きますよ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/2695465

この記事へのトラックバック一覧です: 東関東大会の記憶:

« 益子にて | トップページ | フルネ降板~都響定期 »